花粉症の季節に飲み始めたジャムーティー|その味やその後の状況

花粉症の季節になると、仕事・生活のあらゆる場面に悪影響がでますよね。

今年は特に厳しい状況だったのですが、妻がジャムーティー(JAMU TREA BLACK)を買ってくれて飲み始めたところ、その後から体調に変化が出ました。

この記事ではジャムーティーの紹介と、飲み始めた後の変化を紹介します。

目次

花粉症の季節に飲み始めたジャムーティー

jamu-tea-for-hay-fever

妻が買ってくれたのは、ジャムーティーブラック(JAMU TREA BLACK)です。インドネシアからの直輸入品です。

加糖したジャムーティーホワイトや、国内業者が扱っている日本語パッケージのものもあるようですね。

ジャムーティーの見た目

ジャムーティーを空けて、実際に飲むまでの様子です。

開けると、エスプレッソコーヒーのような粉末が入っています。

1回分の小さじ1杯分をマグカップに入れて、熱湯を入れて粉末を溶かします。

見た目は、濃い目に淹れたコーヒーのような見た目になります。

ジャムーティーの味

ジャムーティー(JAMU TREA BLACK)の味は、美味しくはないです。率直に言うとマズいです。

例えて言うと、森林の湿った土や落ち葉を煮詰めたような感じでしょうか。

味は苦味が強いですが、苦さだけであれば焙煎しすぎたコーヒー程度です。

マズさを一番感じる要素は、その匂いです。

主成分がウコンなので、飲酒前に飲む「ウコンの力」を濃縮した感じです。

ジャムーティーのオススメの飲み方

ジャムーティーのおすすめの飲み方は

  • 何も混ぜずに
  • 濃いめに作って
  • 鼻を詰まんで飲む

です。

ジャムーティーの味自体は、焙煎しすぎのコーヒーくらいの苦味がある程度ですが、匂いが強いです。

ミルクを混ぜても、砂糖を混ぜても、匂いは大して変わりませんでした

なので、鼻を詰まんで匂いをシャットダウンしてしまえば、我慢できる程度の苦味があるだけになります。

濃いめで作っても、薄く作っても苦いものは苦いので、濃い目に作って手早く飲みきってしまうのがよいです。

ジャムーティーを飲み始めてからの6日間

経過日数
大きな変化は見られず

飲み始めたばかりなので、特に変わりは有りませんでした。医薬品ではないので、直接的に効くものではないので当然ですよね。

経過日数
入浴時の目のかゆみが減った

花粉症のシーズンに入浴すると、血行が良くなるためか目が痒くなるのですが、この日は痒くなりませんでした。

久しぶりに痒みを気にしないお風呂上がりを迎えることができました。

経過日数
子どもと行った晴天の公園でも症状出ず

子どもと一緒に公園に出かけて、1時間半ほど外で遊んでいましたが、症状は出ませんでした。

いつもであれば、段々と鼻水が出始めて、喉に感じる痒みが我慢できなくなるのですが、この日はそれを感じずに済みました。

経過日数
ワクチン接種の副反応でダウンして飲めず、、、

朝イチで接種し、外出もせずに1日中休養。

夕方前から副反応が強くなって来たので飲まずにそのままダウン。

経過日数
飲むのを再開

夕方には副反応が治まってきたので、飲みました。

外出もしていないので、変化は感じませんでした。

経過日数
ちょっと早めのお花見散歩も快適に

子どもを連れて、近所の川沿いにあるお花見スポットに散歩へ。

お花見は好きなのですが、いつもは様々な症状が出るので楽しみきれないのですが、この日は最後まで気にせずに楽しむことができました。

花粉の飛散はとても多い日だったようです。

ジャムーティーは高くないか?

ジャムーティーは6000円前後で売られています。

容量は170gです。

1回あたり小さじ1杯(5g)程度使うので、1日1杯飲んで34日分くらいです。

1ヶ月分で6000円のお茶、と言われると高いように感じますよね?

本当に高いのかは、同じ目的で使う他の方法と比較してみるとよいかと思います。

舌下免疫療法との費用比較

花粉症の治療でポピュラーになりつつある舌下免疫療法は保険適用で月3,000円前後になります。

舌下免疫療法は治療期間が長く、前の年の5月頃から開始して、3年位は継続するケースが多いようです。(以前にアレルギー科の先生に相談した際の談です)

そうすると舌下免疫療法の治療費は、総額で108,000円(3,000円×36ヶ月)掛かる計算になります。

ジャムーティーは医療品ではないので、効用が確実に見込まれるわけではありません

一方でもし体調が変化して、舌下免疫療法の必要がなくなるようであれば症状が出ている間のみ飲むジャムーティーのコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

ジャムーティーのまとめ(Q&A形式)

花粉症の季節真っ只中で飲み始めたジャムーティーについて、筆者個人の感想や状況をお話しました。

これまでのお話をまとめると、、、

ジャムーティーの味は?

焙煎しすぎたコーヒーのような苦味と、強い匂いがあります。匂いは、湿度の高い森林の土や落ち葉を煮詰めたような感じです。

ジャムーティーのおすすめの飲み方は?

濃いめに作って、鼻を詰まんで匂いを感じにくくした上で、素早く我慢して飲むです。

ジャムーティーを飲んだ後、どんな変化があった?

喉や目のかゆみ、鼻水が減ったと感じています。屋外の外出が辛くなくなりました。

ジャムーティーの値段は高いの?

170g(1ヶ月分くらい)で6000円前後なのでお茶としては高いです。もし望むような体質変化があるのであれば、他の舌下免疫療法よりも低コストにはなります。

花粉症などの症状に苦しんでいて、何か試せる手段をお探しの方は、ジャムーティーは試してみる価値はあるものだと思います。

体質が良い方向に変化し、読んでいるあなたの春の暮らしがより良くなるのに、この記事が役に立てば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる